2014年9月7日日曜日

トレーニングルームが「岡谷-市民新聞」に掲載されました!!

9月7日付岡谷-市民新聞」


 
 
「リニューアルで利用大幅増」
 
 4月にリニューアルオープンした市民総合体育館内トレーニングルームが、アスリートから女性、高齢者まで、幅広い層から人気を集めている。
 7月の来場者数は、2009年度以降最高の862人を記録。4月~8月の合計も3,857人(昨年度比935人増)におよび、今後も多くの利用が期待される。
 トレーニングルームは1975年、同体育館の完成時から変わらずある施設。東体育館1階の柔剣道場奥にあり、現在はランニングマシン、バイクマシン、ステップマシン、筋トレマシン、ベンチプレスなど多くの器具がそろっている。
 09年度から同体育館の指定管理を務めるシンコースポーツ(本社・東京)によると、本年度は同社に移行して以降、最高の数で推移しているという。
 昼間は常連、高齢者を中心に利用があり、夕方から夜にかけては仕事帰りや女性が多い。
 同社スタッフは「4月に女性や高齢者向けの器具を導入し、スタッフを常駐させるよう変えたことで、より幅広い利用者のニーズに応えられるようになった」と。利用する市内の男性(42)も「スタッフと仲良くなり、しっかりと付いて教えてくれるので続けられた。通って1カ月だが、体重が減ってきた。一人でやっていても、我流では効果がなかったかも」と話す。
 市スポーツ振興課は「リニューアルを機に誰でも気軽に来てもらえる明るい雰囲気になり、利用者が増えたので良かった。市民の健康増進、スポーツ振興のためにも、今後もぜひ多くの人に利用してほしい」と話している。
 
 利用料(2時間制)は、高校生以上210円、中学生以下100円。同社スタッフによると「平日の半ばや、日曜日が比較的すいており狙い目」と。

 
平成26年9月6日発刊 岡谷市民新聞  一部抜粋